イクオス

イクオスの新成分アルガスー3とは?臨床試験で90%が効果を実感!!

育毛剤のイクオスが、2019年の10月20日(頭髪の日)にリニューアルします。

その最大の目玉となるのが「アルガス-3」という独自成分です。

実は、このアルガス-3については、第三者機関による臨床試験が行われました。その結果なんと、被験者の90%以上が効果を実感したというデータが出ています。

この記事では、アルガス-3がどのような効果を持った成分なのか、臨床試験の内容も含めて詳しく説明していきます。

アルガス-3とは?新成分の内容をくわしくチェック

イクオスEXプラスの新成分「アルガス-3」は、株式会社キーリーが独自に開発した成分です。

アルガス-3は、3種類の海藻由来エキスから構成されています。

  • M-034
  • ペルベチアカナリクラタ
  • ガゴメコンブエキス

いずれのエキスも、育毛促進や脱毛予防に効果の期待できる成分となっています。

「アルガス-3」のベース成分:M-034

アルガス-3のベースになっているのは、M-034と呼ばれる成分です。

北海道日高沖で取れる天然のミツイシコンブから抽出した、海藻由来のエキスです。

髪にイイとされることが多い海藻類の中でも、M-034というエキスが選ばれるのには理由があります。

M-034の育毛効果とは?

M-034には以下のような効果があります。

M-034に期待できる作用 育毛効果
外毛根鞘細胞の増殖を促進する 発毛を促進する、抜け毛がしにくくなる
血行促進 毛母細胞へ栄養が届き、育毛促進につながる
保湿 頭皮環境の改善

外毛根鞘細胞は、文字通り「毛根」の「鞘」であり、髪の毛を包んでいる周囲の細胞のことです。M-043には、それらの細胞の増殖を促進する効果があります。

毛根をしっかり包み込むことによって髪の毛を抜けにくくすると同時に、毛母細胞の増殖にもつながるため、発毛促進の効果が期待できます。

M-034には、育毛には欠かせない「血行促進」の作用もあります。頭皮の血行が良くなると、毛母細胞まで栄養が届きやすくなり、太くて丈夫な毛が育ちやすくなるのです。

さらに昆布エキスなので保湿性能も高く、頭皮環境を健やかに整えるのにも貢献してくれます。

M-034は育毛では実績のある鉄板成分

M-034は育毛剤の世界では、「鉄板」と言える成分の一つです。

育毛剤の主成分として採用されることが多く、評判の高いチャップアップやBUBKA ZERO、女性用育毛剤のマイナチュレなどにも配合されています。

まさに育毛剤のためにあるような成分で、数々の実績があります。

ミノキシジルにも匹敵する育毛促進効果が期待できるとも言われており、育毛業界ではとても注目されている成分です。

2つの育毛成分が追加されて「アルガス-3」が誕生!

リニューアル前のイクオスには、アルガス-3の前身である「アルガス-2」という成分が使われていました。

イクオス主成分の進化の歴史は以下のような順序になっています。

  • 初代:M-034ベース
  • アルガス-2:「ペルベチアカナリクラタ」が追加
  • アルガス-3:さらに「ガゴメコンブエキス」が追加←New!

育毛成分として実績のあるM-034をベースに、海藻エキス「ペルベチアカナリクラタ」を追加してできたのがアルガス-2。

そしてさらに「ガゴメコンブエキス」を追加してできたのが、今回のアルガス-3です。

どんどんパワーアップしているわけですね。

第2の成分「ペルベチアカナリクラタ」の効果は?

ややこしい名前のペルベチアカナリクラタですが、アルガス-2から配合されることになった、第2の成分です。

フランスのブルターニュ地方で取れる海藻です。その驚異的な保水力から、高級な化粧品などにもよく使われます。

育毛剤に配合されると、頭皮を健やかに保つことで、良好な育毛環境を整えてくれます。

さらに、成長因子を豊富に含んでいるため、細胞の代謝を活発にする効果が期待できます。ハリやコシの強い、丈夫な髪の毛が生えるサポートをしてくれる成分です。

新成分「ガゴメコンブエキス」とは?

アルガス-3ではさらに新成分「ガゴメコンブエキス」が追加されることに。

ガゴメコンブエキスは名前の通り、ガゴメ昆布から取られたエキスです。

ガゴメ昆布に含まれる「フコイダン」には、毛乳頭に作用して成長因子の産生を促し、毛母細胞を増殖させる効果が期待できます。

アデランスの公式サイトでも、ガゴメ昆布が持つ育毛効果について記述がありました。

ガゴメ昆布フコイダンは、組織再生促進作用、免疫活性化作用など、さまざまな生理活性があることが実証されています。

参照:〝ガゴメ昆布フコイダン〟の育毛効果

数ある昆布の中でも、ガゴメ昆布の持つフコイダンがもっとも育毛促進に効果があるという話でした。

3種類の海藻エキスで「アルガス-3」は期待値大!

以上見てきた3種類の海藻エキスが凝縮されたエッセンスが、アルガス-3という独自成分です。

ベースのM-034だけでも、育毛に実績のある優秀な成分です。

さらにそこに、別々の育毛効果を持った2種類の海藻エキスを加えているわけですから、非常に期待値が高い育毛成分になっています。

臨床試験の結果がすごい!「アルガス-3」の実力

アルガス-3については、ちゃんとした臨床試験が実施され、第三者機関による育毛評価がなされています。

育毛剤業界ではかなり珍しいことです。アルガス-3には、相当な自信があったということなのでしょう。

実際、イクオスの評判の良さとアルガス-3の実力が、見事に裏付けされる結果になりました。

第三者機関の日本臨床試験協会(JACTA)が実施

アルガス-3の臨床試験は、第三者機関である日本臨床試験協会(JACTA)の手によって実施されました。

被験者の数は57名(男性40名、女性17名)。12週間使いつづけた後に効果を評価するという試験内容です。

ビフォーアフターの変化の確認には、医師による評価に加え、マイクロスコープでの毛穴評価や、マイクロメーターによる毛穴の太さ評価、被験者の主観評価など、多方面から評価がなされました。

第三者機関に委託されただけあって、さすがに本格的ですね!

なお、今回の臨床試験の結果は、医学誌「診療と新薬」にも掲載されることが決まっているそうです。

アルガス-3の実力!90%の人が効果を実感

今回の臨床試験では、3種類の育毛成分が同時に試されました。

  • アルガス-3配合ローション
  • キャピキシル5%配合ローション
  • リデンシル5%配合ローション

比較対象に選ばれたのは、「キャピキシル」と「リデンシル」です。有名な育毛剤にも使われていて、すでに一定の評価のある成分です。

気になる結果のほうは、アルガス-3に優位性が見られるという結果が出ました!


参照:@Press

他の2つの成分と比べて、明らかにアルガス-3の数値が上回っています。

アルガス-3被験者の実際の写真がこちらです。

髪のボリュームが目に見えて変わっているのがわかります。3ヶ月でこれだけの変化が見られたわけですね。

さらに、被験者へのアンケートでは、90%を超える人がアルガス-3で変化を実感したという結果が出ています。今回の臨床試験に関するニュース記事から一部引用してみましょう。

アルガス-3のみ「髪にコシが出た」「普段の抜け毛が減った」等の項目で「実感した」と回答した被験者の割合が90%を超えました。

参照:【世界初】新スカルプケア成分「アルガス-3」の臨床試験終了  次世代成分誕生に期待が高まる!

90%以上が実感というのは、なかなかすごいですね!アルガス-3の実力がはっきりと示された結果となりました。

どこが変わった?アルガス-2とアルガス-3の違い

アルガス-2からアルガス-3になって何が変わったのか?

違いをまとめておきましょう。

アルガス-2でもスゴかったのにさらに超進化

イクオスはアルガス-2の時点で、すでに他の育毛剤に差をつけていました。

というのも、チャップアップヤBUBKAなどの育毛剤と同じベース成分M-034を使いながら、さらに「ペルベチアカナリクラタ」という高い保湿力と成長因子を含んだ成分を追加していたからです。

そして今回、アルガス-3になってさらにもう一歩先を行くことになりました。

アルガス-3は3種類のエキスで育毛に貢献する

アルガス-3になって増えた「ガゴメコンブエキス」は、育毛効果が強く期待できる海藻エキスです。

粘り成分であるフコイダンの働きによって、毛乳頭を刺激し、毛母細胞の増殖を促す働きがあります。

結果的にアルガス-3は、3種類の異なるアプローチによって育毛へ働きかけるエッセンスへと進化しました。

薄毛や脱毛はさまざまな要因が絡み合って起きるものです。育毛や脱毛予防のアプローチの数が増えれば、それだけ効き目を実感しやすくなります。

もともと評判の良かったイクオスでしたが、よりいっそうパワーアップしたことは疑いの余地がありません。

アルガス-3になっても副作用は心配なし!

アルガス-3になっても、アルガス-2の頃と同様に副作用の心配はありません。

ここまで見てきたように、アルガス-3の中身は3種類の「海藻由来エキス」です。

ミツイシコンブとガゴメコンブは、いずれも北海道沖で取れる食用の昆布です。また、フランス産のペルベチアカナリクラタは、高級化粧品などにもよく使われる安全な成分です。

すべて体にやさしい天然由来の成分なので、なんらかの副作用が出るようなことはまず考えられません。

アルガス-3以外でも大改造!リニューアルで変わった点

イクオスは今回「イクオスEX」から「イクオスEXプラス」へと名前が変わり、本格的にリニューアルされました。

そこで進化したのは、主力成分のアルガス-3だけではありません。

全体的にグレードアップを果たし、まさに新生イクオスにふさわしい内容になっています。

有効成分が業界最多の5種に!

イクオスに配合されている有効成分が、3種類から5種類に増えました。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • クジン抽出液←New!
  • トコフェロール酢酸エステル←New!

有効成分というのは、薬機法に基づいて効果・効能が承認されている成分のことです。

今回は血行促進・抗菌作用・抗酸化作用などを持つ成分が加わり、さらに多方面から育毛環境をサポートするようになりました。

配合アミノ酸の数が19種類にアップ

アミノ酸は髪の「ケラチン質」の材料として、育毛には欠かせない成分です。

従来のイクオスには16種類ものアミノ酸が配合されていて、もともと業界トップクラスでした。

今回さらに3種類増えて、圧巻の19種類に。育毛剤に求められる栄養補給としては、十分すぎるレベルですね。

全成分数が国内最多の124種に!

イクオスの配合成分数がついに国内最多の124種になりました。

こちらも、もともと61種類と多いほうだったのですが、さらに一気に増えて124種類になりました。

数が大きく増えたのは、保湿成分や各種の植物エキスなどです。頭皮の状態を総合的に整えて、育毛に適した環境を作ってくれる成分がてんこ盛りになっています。

イクオスサプリEXも同時リニューアル

今回、イクオスのリニューアルに合わせて、イクオスサプリのほうも強化されています。

主な変更点は以下の通りです。

  • 配合成分が増えて58種類に
  • ブルーベリー風味になって飲みやすさ向上
  • ビオチン・ビタミンEの追加
  • ノコギリヤシなどの配合量の増加

育毛剤同様、サプリのほうも業界最多の成分数になりました。

ノコギリヤシなどの主力成分が増量されたのも大きいです。育毛サプリとして数段階パワーアップした感じですね。

名前のほうも、イクオスサプリEXから「イクオスサプリEXプラス」に変更になりました。

新成分「アルガス-3」でイクオスが大幅パワーアップ!

新成分の「アルガス-3」を中心に、イクオスのリニューアルについて説明しました。

3年ぶりのリニューアルでしたが、期待をまったく裏切らない大幅グレードアップでした!あらゆる点で進化していて、ケチのつけようがありません。

もともと、確かな配合成分によって知る人ぞ知る育毛剤だったイクオスです。アルガス-3になったことで、今まで以上に他の追随を許さない育毛剤になったと言えるでしょう。

個人的には、臨床試験を実施してくれたのもポイント高いです。

口コミでどれほどイイと言われていても、そこはやっぱり素人の評価。医師の所見付きで育毛評価しっかりがなされたとなると安心感が違います。

パワーアップしたイクオスでどれだけ髪に変化が出るのかが、楽しみです!