イクオス

イクオスEXプラスが発売!6つの変更点!成分(効果)や値段はどうなる?

育毛剤のイクオスが2019年10月20日付けで「イクオスEXプラス」に変わります。

今回のリニューアルでは、イクオスの内容に大幅な変更が加わりました。

そこで、この記事では、

  • リニューアル前後で何が変わったのか?
  • 値段はどのくらい変わるのか?
  • 他の育毛剤との力関係はどう変化したのか?

などを伝えていきます!

リニューアルによる変更点がざっくりわかるように書きましたので、ぜひ参考にしてください。

「イクオスEXプラス」リニューアルの6つのポイント

今回、イクオスEXがリニューアルされ、商品名も少しだけ変わりました。

(前)イクオスEX (後)イクオスEXプラス

商品名が変わるということは、かなり気合いの入ったリニューアルということです。

1.主成分が「アルガス-3」にグレードアップ

今回のリニューアルの目玉は、イクオスの独自成分「アルガス-2」が「アルガス-3」へと進化したことです。

これまで、イクオスの主成分はアルガス-2という成分でした。

それがイクオスEXプラスでは一段階グレードアップし、アルガス-3という成分に進化したのです。

新成分「アルガス-3」とは?

アルガス-3は、3種類の海藻エキスからできています。

  • M-034
  • ペルベチアカナリクラタエキス
  • ガゴメコンブエキス

前身であるアルガス-2では前者2つまででした。アルガス-3になって、「ガゴメコンブエキス」が新たに追加された形になります。

3種類の海藻エキスには、それぞれに育毛をサポートする効果があります。

3つのエキスを同時に頭皮に与えることで、血行促進・成長因子の産生促進・細胞代謝の活性化・頭皮環境の改善・毛を抜けにくくするなど、非常に広範囲にわたった育毛への効果が期待できます。

アルガス-3は、育毛効果をギュッと凝縮したスーパーエッセンスなのです。

アルガス-3についての詳しい解説は「イクオスの新成分アルガスー3とは?臨床試験で90%が効果を実感!!」に書きましたので、そちらを参照してください。

2.臨床試験を実施!90%以上の人が効果を実感

今回のリニューアルに合わせて、主成分のアルガス-3の効果を確かめるべく臨床試験が行われました。

参考記事:【世界初】新スカルプケア成分「アルガス-3」の臨床試験終了  次世代成分誕生に期待が高まる!

臨床試験は被験者57名を対象にして、第三者機関である日本臨床試験協会(JACTA)によって行われました。試験期間は12週間(3ヶ月)。

結果は、比較対象の「キャピキシル」や「リデンシル」に対して、アルガス-3の優位性が示された形になりました。


出典元:@Press

さらに、被験者に行ったアンケートでは、なんと90%以上の人が何かしらの変化を実感したという結果が出ています。これはすごいですね!

以下は、被験者の実際の写真です。


出典元:@Press

3ヶ月でこの変化はすごいです。

ちゃんとした臨床試験がなされた育毛成分はそれほど多くありません。そんな中で、アルガス-3は信頼に値するデータを出しているので、安心感が違いますね。

3.有効成分が増えて5種類に

イクオスEXプラスには以下の5種類の有効成分が配合されます。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • クジン抽出液←New!
  • トコフェロール酢酸エステル←New!

いずれも、頭皮の炎症を抑え、血行を促進し、健やかな育毛環境を整えるための成分です。

イクオスにはもともと3種類の有効成分が配合されていました。

今回、「クジン抽出液」と「トコフェロール酢酸エステル」の2つの有効成分が追加され、業界最多の有効成分数になったとのこと。

これまで以上に、頭皮環境への積極的なアプローチが期待できるようになりました。

4.アミノ酸が3種類増えて合計19種類に

イクオスEXプラスには19種類のアミノ酸が配合されます。

以前は16種類だったので、今回のリニューアルによって3種類増えたことになります。

髪の毛は主に「ケラチン」と呼ばれるタンパク質でできており、タンパク質の合成にはアミノ酸が必要不可欠です。

アミノ酸が不足するとケラチンが十分に作られなくなって、薄毛の原因になってしまいます。

イクオスEXプラスでアミノ酸の配合数が増えたことによって、不足しがちなアミノ酸を前以上にがっつり補うことができますね!

5.業界最多の配合成分数124種を達成

リニューアル後のイクオスEXプラスには、なんと124種類もの成分が配合されることに。

リニューアルで追加されたのは、ここまでに挙げた有効成分やアミノ酸だけではありません。頭皮環境を整えて、育毛を促進するための保湿成分や各種植物エキスなどもたくさん追加されました。

育毛はトータルで決まります。薄毛の原因は人によって微妙に違っているため、配合成分が多いほど万人の薄毛に対応できるようになります。

リニューアル前の61種類から一気に増えたことで、ついにイクオスEXプラスが国内最多の配合成分数になりました。

配合成分が増えたと言っても、イクオスのこだわりである「植物由来成分で低刺激」という方針は変わらずなので、その点でも安心です。

6.育毛剤としてはじめてのHvO世界大賞に

リニューアル後のイクオスEXプラスは、HvO世界大賞という賞を受賞しています。

HvO世界大賞は、ハーバード大学やオックスフォード大学出身の委員会メンバーによる評価機関です。製品やサービスの品質・機能を評価し、賞を贈ります。

選考の際は発表された学術論文の内容が厳しく審査されるため、どの商品でも受賞できるようなものではないようです。

イクオスEXプラスは審査に合格し、育毛剤としてはじめて受賞することになりました。

先に挙げた臨床試験と合わせて、イクオスEXプラスの効果の信頼性がいっそう高まったと言っていいでしょう。

リニューアルで価格はどうなる?気になる値上げの問題

ここまで見てきたように、イクオスEXプラスは大規模リニューアルにふさわしく、育毛剤として大幅に強化されました。

しかし、そこで気になってくるのは値上げの問題です。

値上げは控えめで十分許容範囲

今回のリニューアルでは、新しい育毛成分に加え、有効成分なども大幅に増量されています。当然原価も高くつきますから、ある程度の値上げは仕方ありません。

しかし、嬉しいことに今回の値上げはそこまで大きなものではありませんでした。

リニューアル前 リニューアル後
育毛剤だけの定期購入 6,578円 7,128円
サプリとセットの定期購入 7,678円 8,778円

育毛剤単品だと550円、サプリとセットで1,100円の値上げに収まりました。月にこの程度の差額なら、十分許容範囲ですね。

コスパの良さはそのままで一安心

もともとイクオスは、配合成分がすごいのに価格はリーズナブルということで、育毛に詳しい人たちから強く支持されてきました。

低価格で提供できるのは販売の仕方を工夫しているからです。特にネット販売に限定することで流通費や広告費を大幅に減らせるのが大きいのでしょう。

イクオスEXプラスになっても、コスパの良さは相変わらず。イクオスユーザーとしては、ホッと一安心です。

むしろ、リニューアルの内容を考えると、コスパは前以上に向上したと言っていいでしょう。

独走状態!?イクオスEXプラスを他の育毛剤と比較!

育毛剤はとても競争が激しい市場です。

今回のリニューアルでパワーアップしたイクオスEXプラスは、他のライバル育毛剤と比べてどのような位置づけになったのでしょうか?

ここらで少し比較してみたいと思います。

チャップアップやブブカゼロと比較すると?

まず最初に、同じベース成分が使われている「チャップアップ」と「ブブカゼロ」と比べてみましょう。

イクオスEXプラス チャップアップ ブブカゼロ
メインの育毛成分 アルガス-3(M-034を含む3つの海藻エキス) M-034 M-034
有効成分 5種類 3種類 3種類
配合成分数 124種類 81種類 104種類
価格 7,128円~ 7,400円~ 13,200円~
内容量 120ml 120ml 120ml

成分的に見て、イクオスEXプラスが頭一つ抜け出しているのがわかります。

育毛剤でいちばん違いが出るのは、やはりメインの育毛成分です。チャップアップとブブカゼロはベース成分のM-034だけを使っています。

それに対してイクオスEXプラスの方は、M-034にさらに2つの育毛成分をプラスしたアルガス-3を使っています。これはかなり大きな差です。

有効成分や配合成分数でもイクオスEXプラスが上回っていて、今回のリニューアルによって他2つにだいぶ差をつけた感じがありますね。

しかも、これだけ中身で勝っておきながら、イクオスEXプラスが最安値になっています。

サプリ込みでもイクオスEXプラスの勝利

イクオス・チャップアップ・ブブカゼロには、いずれも育毛サプリとセットになったコースが存在します。

なので、サプリ込みでも比較してみましょう。

イクオスEXプラス チャップアップ ブブカゼロ
サプリの配合成分数 58種類 37種類 25種類
育毛剤とサプリのセット価格 8,778円~ 9,090円~ 11,880円~

見ての通り、サプリ込みで考えてもイクオスEXプラスが最安&最多成分数となっています。イクオス強し!ですね。

それ以外の育毛剤と比較すると?

お次は、イクオスEXプラスとは別の育毛成分を使っている育毛剤と比較してみましょう。

イクオスEXプラス ポリピュアEX プランテルEX フィンジア
メインの育毛成分 アルガス-3 バイオポリリン酸 リデンシル キャピキシル
有効成分 5種類 4種類 3種類 配合なし
配合成分数 124種類 20種類 61種類 25種類
価格 7,128円~ 6,800円~ 10,670円~ 9,863円~
内容量 120ml 120ml 50ml 50ml

配合成分数ではイクオスEXプラスが圧倒的ですね!

従来のイクオスは61種類でプランテルEXと同数でしたが、リニューアルで倍近くになり、一気に差をつけることに。

臨床試験ではアルガス-3が優位な結果に

では、主成分はどうでしょうか?

育毛成分の効果の大小を比較するのは本来難しいことです。

ですが、実はプランテルEXの「リデンシル」とフィンジアの「キャピキシル」は、先に言及した臨床試験でアルガス-3の比較対象に選ばれています。

もう一度グラフを出しますね。

一度きりの臨床試験なのでこの結果がすべてとは言えませんが、少なくともこの試験においては、イクオスEXプラスの主成分であるアルガス-3がはっきり優性性を示しています。

成分的にも価格的にもイクオスEXプラスに軍配

価格も含めてもう少し検討してみましょう。

プランテルEXとフィンジアは内容量としてはイクオスEXプラスの半分以下ですが、価格的にはイクオスEXプラスよりも高額となっています。

メインの育毛成分についても臨床試験のデータでは差がついていますし、わざわざこの2つを選ぶ理由はないでしょう。

ポリピュアEXについては、「バイオポリリン酸」という一つの成分に頼り切っていて、アルガス-3ほどの信頼感はありません。また、配合成分数ではイクオスEXプラスの6分の1以下に留まります。

値段ではわずかに安いものの、配合成分にここまで違いがあるなら、普通にイクオスEXプラスの方を選びますよね。

イクオスEXプラスが圧倒的に他より優秀!

以上、ネットで評判の高い育毛剤と比較をしてみました。

  • 配合成分数は最多
  • 主成分でも他の上位互換
  • 価格もほぼ最安クラス

結果、上のような結論に。

イクオスEXプラスがすべての面で優位に立っていて、他の育毛剤を選ぶ理由が見つからないという状態でした。

リニューアルしたばかりなので成分面で他を圧倒するのはわかりますが、価格面でも最安レベルをキープしているのがすごいです。

いちばん安くて成分的にも他の上位互換となると、もう並ぶものがいないと言っていいんじゃないでしょうか。

ちなみに、今回の育毛剤リニューアルに合わせて、サプリの方も内容が刷新されています。その名も「イクオスサプリEXプラス」に変わりました。

サプリの方がどう変わったのかは「イクオスサプリEXプラスが超進化!その効果は?国内最多の成分数!」にまとめたので、そちらをご覧ください。

リニューアル後のイクオスEXプラスもコスパ最強だった

リニューアル後のイクオスEXプラスについて紹介してきました。

  • メインの育毛成分がアルガス-3にグレードアップ
  • 新しい有効成分の追加
  • アミノ酸の追加
  • 配合成分数が大幅アップ

など全面的にパワーアップしています。

さらに、

  • 臨床試験の実施
  • 育毛剤として世界初のHvO世界大賞

という信頼性に関わる部分も、リニューアル後はよりいっそう強化されることになりました。

これだけの大規模リニューアルでも、値上げ幅は月に500~1000円程度の変化でした。

他の育毛剤と比べてもまだ最安クラスですし、個人的には全然問題ありません。むしろどのくらい効果がアップしているのか楽しみです。

というわけで、自分は今後も定期コースの継続決定です!